南郷高校ブログ

令和4年度ブログ

草花専攻 農福連携プロジェクト販売会

 

 今年度の新規事業「農福連携プロジェクト」の取り組みで、鹿島台にある就労継続支援B型事業所ボーノボーノ大崎東でシクラメンの栽培に取り組んできました。

 11月18日(金)に大崎合同庁舎でシクラメンの合同販売会を行いました。ボーノボーノの皆さんが初めて育てたシクラメンがどのようにして売れていくのか、緊張しながら準備を始めました。販売開始とともに多くの方が訪れ次々にシクラメンが売れていきました。1時間で18鉢を売上げ、事業所の皆さんはとても喜んでいました。

 販売後は、合同庁舎前の花壇を、南郷高校、ボーノボーノ大崎東と合同で植栽しました。まだ蕾のパンジーですが春には満開の花を咲かせてくれると思います。

高大共同研究調査会

 

 11月12日(土)、マイクロバブルの共同研究を行っている熊本県立大学の堤教授とマイクロバブル発生装置の販売元である大巧技研の西社長が本校に来校し、開放講座と調査会を行いました。

 開放講座では、町民の方をお招きし「マイクロバブル発生装置を用いた高濃度酸素水の研究と植物栽培への利用について」というテーマでこれまでの研究とマイクロバブル水の効果について講義をしていただきました。

 その後は、今年の研究テーマである「かん水時間の違いが生育に及ぼす影響」について、最終の生育調査を行いました。立派に育ったシクラメンですが葉数、葉重、根重を丁寧に計測し、表にまとめグラフにすることで、データを的確に捉えることができます。

 今年の実験はうまくいったようです。また貴重なデータをとることができました。

南郷高校 マイクロバブル

南郷高校 マイクロバブル

 

ボウリング体験

 11月11日(金)に石巻プレナミヤギにおいて,全校生徒がボウリング体験を行いました。ボウリングにあまり馴染みがない生徒も多く,中には今回が初めてのボウリングとなる人もいました。互いに教え合いながら技術も向上していき,楽しみながらボウリングをしていました。

その後.石巻市の震災遺構である門脇小学校に見学へ行きました。生徒たちは当時の様子を改めて知り,多くのことを感じ,学んでいるようでした。

第29回宮城県高等学校写真展に出展してきました

 

 11月9日~13日に宮城県美術館で行われた高校写真展で,県内の高校生が撮影した作品が展示されました。本校からは総合文化部写真班の2名が作品を出展しました。初めてでしたが,今回2年生の作品が銅賞を受賞しました。審査員の先生方からも好評をいただくことができ,これから活動していく上で大変貴重な経験になりました。

 南郷高校 写真部

【図書館】農産物販売会+コラボ展示

11月5日(土)大崎市図書館において,農産物販売会を実施しました。図書委員の生徒が主体となり,準備から販売まで行いました。ご来場いただいた皆さま,どうもありがとうございました。また11月中は2階のティーンズコーナーにおいて,南郷高校のおすすめ本などを展示しています。こちらもぜひご覧ください。



秋晴れの下での収穫感謝祭

 

 南郷高祭の後,晴天の中,令和4年度収穫感謝祭が行われました。

2日前から,生徒ともに野菜の収穫を行い,準備を進め,当日は,大鍋2つに,約100人分の豚汁を調理。

学校で収穫された”ささにしき”,”ひとめぼれ”,”つやひめ”の3種類の白米とともに食べました。

 農業クラブ会長の挨拶の中で,「学校で一生懸命作った野菜や米をみんなでおいしくたべましょう」と話し,生徒たちは真剣に聞いていました。

 収穫できることに感謝をし,日々の食事に感謝する。

 食べられることを当たり前にせず,大切にしてほしい。そんな願いが込められた行事となりました。

南郷高祭

 

 

10月29日(土)に南郷高祭を行いました。校内発表では,生徒会が企画したクイズや軽音部の演奏,鬼首地域の伝統芸能である“鬼首神楽”の演舞を楽しみました。

 一般公開では,生徒が今までの授業や部活動で取り組んできた内容の展示やワークショップを出展しました。今年のテーマどおり生徒の個性が輝いていた1日でした。

農ク全国大会

 

 10月26日~27日の日程で,第73回日本農業クラブ全国大会 北陸大会が開催されました。本校を代表して農業鑑定競技会の部に2年生の鈴木さんが参加しました。

校内清掃活動

 10月21日(金)6校時校内清掃活動を実施しました。

 普通科の生徒はプール斜面の花壇の植栽を行い,産業技術科は体育館周辺及び食品化学科棟周辺の清掃を行いました。

令和4年度宮城県花き品評会出品

 10月22日~23日の日程で、せんだい農業園芸センターで行われた,花き品評会に南郷高校で生産されたシクラメンが展示されました。

 来場された多くの方々に本校のシクラメンを見てもらうことができました。

 

専門高校魅力発信イベント

 10月15日(土)に道の駅おおさきを会場に専門高校魅力発信イベントが行われました。

本校では、農産物の販売と大崎耕土支援プロジェクトの活動ポスターの展示を行いました。

第30回 宮城県高等学校文化連盟大崎支部 総合文化祭

 10月8日(土)に大崎支部総合文化祭が3年ぶりに開催されました。本校からは軽音楽部と写真班が参加しました。

 軽音楽部は,美里町文化会館で今まで練習してきた3曲を発表しました。閉会式では,軽音楽部部長が副実行委員長として閉会のことばを堂々と述べました。

 写真班は,美里町近代文学館で展示をしました。今年はしずくの写真に挑戦し,これまで撮影してきた中で最も満足のいく作品を展示しました。

                

2学年 インターンシップ

 10月4~6日の日程で、2学年インターンシップが実施しました。

 今年は16カ所の企業で職業体験を行うことができました。「実際に働いてみたら意外と面白そうな職業だった」「やっぱり私はあの職業に就きたい」など自分の進路について改めて考える貴重な機会になりました。

マナーアップあいさつ運動

9月14日(木)の朝に夏休み明け初めてのマナーアップあいさつ運動を行いました。

今回はPTAの役員の方々と一緒に実施しました。

普段よりも多くの生徒が参加し,活気にあふれた活動となりました。

第5回 大崎耕土世界農業遺産支援プロジェクト実施

9月10日(土)に有志生徒が集まり,今年度5回目となる支援活動を行いました。宮城と秋田の県境の畑で7月末に蒔いた鬼首菜の間引き作業を行いました。

当日は,日差しが強く雲がほとんどない中,生徒たちは伝統野菜保存のために一生懸命作業に取り組みました。

11月の収穫を目指して,今後も活動していきます。

【図書室】つぶやきNEWSでSDGs

9月8日5校時,1学年総合的探究の授業を図書室で行いました。「つぶやきNEWSでSDGs」とは,新聞記事の周りにつぶやきを書き込み,楽しみながらSDGsの理解を深めるものです。地域に関する新聞記事にふれながら,選んだ記事とSDGsとの関連性を考え,生徒同士のコミュニケーションのきっかけとなる時間となりました。

バイク実技講習会

 9月8日(木)涌谷自動車学校において,原付バイク通学許可生徒を対象としたバイク実技講習会が行われました。雨天のため教習コースでの実技講習ではなく、室内での実施となりました。

 涌谷地区二輪車交通安全推進委員の方に安全運転に関する講義をしていただきました。また、二輪車シミュレータでの運転体験を行いました。涌谷自動車学校指導員の方の説明を聞きながら、仮想走行を様々な視点で振り返りました。危険を予測して運転することの大切さを学ぶことができました。内容を変更しての実施でしたが,有意義な講習でした。

交通講話

 9月1日(木)に遠田警察署の協力のもと,交通講話を行いました。講話の中では,自転車走行時のマナーや交通ルール

についてお話いただきました。

 いつ被害者・加害者になるか分からない内容でもあり,生徒たちは真剣に話を聞いていました。

芸術鑑賞会

8月26日(金)体育館において芸術鑑賞会が開催されました。今年度は,弦楽器アンサンブルCIOCCOLATINI(チョコラティーニ)の4人による弦楽器演奏会+体験会。ディズニーメドレーや情熱大陸の曲を中心に盛り上がった演奏会。体験会では,生徒全員が弦楽器を奏でることができました。次年度も乞うご期待!

夏季休業明け全校集会

 長かった夏季休業が終わり、今日から学校が再開しました。

 久しぶりに登校した生徒たちは、それぞれが思い思いの夏休みを過ごして、一回り成長したようでした。

【図書室】ウオータープランツ,届けました

7月に予定されていた図書委員会の活動 大崎市図書館5周年祭のワークショップ「ウオータープランツ製作」が,大雨により中止となりました。そこで,ワークショップに申込まれていた市民の方々へ,寄せ植えを届けることに。夏休み中に寄せ植えを作り,大崎市図書館さんを通じてみなさんへ届けることができました。大崎市図書館さんが,今回の活動の展示コーナーを図書館内に設置してくださいました。

第4回 大崎耕土世界農業遺産支援プロジェクト実施

 8月10日(水)に有志生徒が集まり,今年度4回目となる支援活動として大崎耕土の生物多様性調査の一環となるアカトンボの行動調査を行いました。

 一般的にアカトンボは避暑地を求めて涼しい場所を移動しながら生活しています。大崎地区に生息しているアカトンボがどのように移動し生息しているのかは,具体的に知られていません。それを解明するためにこの調査を実施しています。

 生徒も最初は苦戦していましたが,徐々に慣れてきて最終的には全体で200匹ほどのトンボを捕まえ,ナンバリングすることができました。これから秋にかけてこのトンボたちの動向を観察していきます。

       

      

第3回 大崎耕土世界農業遺産支援プロジェクト実施

7月29日(金)に有志生徒が集まり今年度3回目となる支援活動を行いました。

今回は先月の活動で採取した鬼首菜の種蒔きを行いました。

前回よりも強い日差しの中での作業でしたが,生徒たちは一生懸命 取り組んでいました。

                    

全校集会

7月27日(水)
夏休み前の全校集会が行われました。校長先生から、夏休みの目標と計画を立てて行動しよう、一日の振り返りを行うことで、社会人としての力を養おう(練習しよう)とお話がありました。

農業クラブ 宮城県農業クラブ活動紹介発表会

 

 7月20日(火)、石巻市遊学館にて宮城県農業クラブ連盟 クラブ活動紹介発表会が行われました。今年度の東北ブロックのテーマは「農業高校の魅力を地域の方に伝えていくために「産・官・学・民」との連携をどのようにしていくべきか」で、5校がテーマに沿った活動内容を発表しました。本校農業クラブからは、4名が発表に参加、1学年5名は大会運営の補助を行いました。

スポーツ大会

 

 7月15日(金)にスポーツ大会を行いました。今年は連日の雨の影響もあり,体育館での開催となりました。

スポーツ大会では,障害物競走、投てき競技を行った後に,バスケ、卓球、バドミントンを実施しました。生徒たちは,一つひとつの競技に全力で取り組み,普段 教室で見ることができない表情を見ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マナーアップあいさつ運動

 7月14日(木)の朝に生活委員の生徒が中心となり,今年4回目となるマナーアップあいさつ運動を行いました。

年度始めに比べ,朝の登校時のあいさつに活気が出てきました。次回は,夏休み明けの9月に実施します。

七夕

今日は七夕です。今年も教科の協力のもと,七夕飾りが完成しました。

みなさんの願い事,叶うといいですね。

命の大切さを学ぶ教室

 7月7日(木)の6時間目に宮城県警の協力のもと,岩佐寿子さんを迎えて「命の大切さを学ぶ教室」を行いました。ご自身の体験を通じた“命”についての話をしていただきました。

生徒も真剣に話を聞き,改めて命の大切さを考えさせられる時間となりました。

涌谷駅前花壇 植栽活動実施!

 6月22日(水)5・6校時にかけて,産業技術科2年生草花班の生徒で植栽を行いました。利用者の減少などにより無人駅となってしまい少しさみしくなってしまった涌谷駅前。地域の駅の活性化をお手伝いするため,学校で育てたペチュニアを植えました。花壇の用土は,学校で集めていた土を熱消毒し再利用したもので,持続可能な農業に向けた取組の一つとして使用しました。

 2年生にとって本格的な校外での活動は初めてでしたが,地域の方々と,駅員さんと協力して花壇を完成させました。ぜひ,駅利用者や近くの方は見に行っていただけるとうれしいです。

 

 

職場見学について

 6月24日(金),3学年の生徒25名は,職場見学を実施しました。訪問先として,午前の部は,黒川郡大和町にある白石食品工業株式会社を見学しました。最初に,企業の概要を企業の担当者に説明していただきました。その後,各班ごとにわかれて工場内の食品製造工程を企業の方に詳しく説明をいただきました。

 午後の部は,大崎市古川にある明治合成株式会社を見学しました。最初に,企業の概要を企業の担当者に説明していただきました。その後,各班ごとにわかれて工場内の部品製造工程を企業の方に詳しく説明をいただきました。

 生徒たちは製造工程や就職することの心構えや各企業の製品工程を学んだ有意義な1日となりました。

防災避難訓練について

 

 6月23日(木)防災避難訓練を行いました。授業中に震度6強の地震が起こり,校舎内の防火扉が閉まり,さらに,放送設備が使用できないという状況を設定しました。

 教職員及び生徒が知らない突然の訓練でしたが生徒たちは,指定された避難場所に教職員の誘導に従い避難を完了しました。

 避難訓練終了後,遠田消防署より講評をいただきました。

3色のジニアを大崎合同庁舎に植栽してきました。

 6月15日(水)くもり空の下、大崎合同庁舎前の花壇植栽を行いました。宮城県の県章を象った花壇に、本校で栽培したジニアを植えました。東北地方にも梅雨入りの便りが届きましたが、これから元気に咲く花々を楽しんでいただきたいと思います。

 

【生徒たちの感想】

・ジニアを大崎合同庁舎に植えに行きました。色が3種類あり、とてもきれいだったので、庁舎前を通る多くの方に楽しんでもらいたいです。

・ジニアは、花の色がきれいで、良く目立つ花だなと感じました。色んな人の目にとまり、この先もたくさんの花を咲かせて欲しいなと思いました。

・大崎合同庁舎で3種の花を花壇に植えた。手慣れたので、早く作業できてすぐ終えた。

・大崎合同庁舎の方々が喜んでいたので良かったです。

・今日は大崎合同庁舎で花壇植栽をしました。前よりもてきぱき植えることができました。

マナーアップあいさつ運動 ~アルカス結成!~

6月15日(水)の朝に南郷高校でアルカスを結成してから初となるマナーアップあいさつ運動を行いました。

 

「アルカス」とは,小学生,中学生,高校生の子どもたちで構成され,主体的に健全育成活動や非行防止活動に参画することにより,自ら規範意識,防犯意識を高めるとともに,子どもたちの視点から保護者や地域住民により良い地域環境づくりを目指して活動するボランティア団体で,宮城県警が結成促進を図っているものです。

 

遠田警察署の職員の方にも来ていただき,生徒会役員が中心となって元気に挨拶していました。これからは地域にも視野を広げながら活動していきます。

ザリガニ料理 はじめました!

 

 6月12日(日)、「シナイモツゴ郷の会」より3名の講師を本校にお招きし、アメリカザリガニを材料とした調理講習会を行いました。産業技術科の生徒6名が参加し、初めて使う食材の料理に挑戦しました。

 外来種であるアメリカザリガニは、元々地域に暮らしていた魚や貝、水草を食べてしまい、農業用水の水質を悪化させてしまいます。アメリカザリガニを駆除しその有効利用を考えることは、地域の自然や農業を守るためにとても大切な活動なのです。

 当日使用したアメリカザリガニは、前日に本校生徒が駆除活動に参加して捕獲したものです。

 講習会では、「茹でザリガニ」「ザリガニのエキスを使った東南アジア風スープ」「ザリガニの炊き込みご飯」を作りました。今後、食品製造の授業で研究を続けていく予定です。

 

 テレビ局(TBC東北放送)の取材が入り、6月16日(木)18時15分からの「Nスタ宮城」で放送の予定です。ぜひご覧ください。

大崎耕土 ザリガニ料理大崎耕土 ザリガニ料理2大崎耕土 ザリガニ料理3

 

ザリガニ駆除

6月11日(土)シナイモツゴの保護活動の一環でザリガニ駆除に行ってきました。

 大崎耕土 ザリガニ駆除

捕獲用の罠を持ち上げて、中を確認をすると

 大崎耕土 ザリガニ駆除2  

ザリガニを捕獲することができました。当日は、8カ所の罠からザリガニ100匹程を捕獲することができした。

 

また、シナイモツゴの卵(つぶつぶしたものが、木についています)も発見することが!!

シナイモツゴも!!

大崎耕土 シナイモツゴ大崎耕土 シナイモツゴ2

 次回は、7月頃に駆除活動に参加します。

田園フェスティバルに参加しました!

 6月11日(土)に美里町南郷庁舎前で行われた「第33回活き生き田園フェスティバル」に参加しました。「活き生き田園フェスティバル」は,3年ぶりの開催ということもあり,ステージイベントや多くの屋台が出店され,とても盛り上がりました。

 南郷高校も学校で育てた花とミニトマトの販売を行いました。お客様がたくさん来てくださり,約1時間半で完売しました。販売終了後には,屋台で食べ物を買ったり,花火を見たりして,楽しみました。

 

      

「大崎耕土」田んぼの生きもの調査

 6月9日(木),深谷川沿いの圃場で行われた研修会に参加し、学校の実習田を使って,田んぼの生きもの調査を行いました。

 大崎地域には,「大崎耕土」のブランド認証米というものがあります。そのブランド認証米の認証には,決められた栽培方法で栽培し,生きものモニタリング調査を実施することが必須要件となっています。

 今回は大崎市の世界農業遺産推進課の方々に生きものモニタリング調査のうち,3つの調査方法について教えていただきました。

田面の中を歩きながら網を振ったり,水中の生きものを捕まえたりと慣れないながらも一生懸命取り組みました。

今後も定期的に調査を実施しながら、大崎耕土の環境の変化を調査していきます。

      

  

 

 

 

 

 

 

大崎耕土について知ろう!

 6月2日,世界農業遺産推進課の方をお招きし,1年生を対象に「世界農業遺産大崎耕土」について講演をしていただきました。日本では,11地域が世界農業遺産に登録され,大崎耕土は5年前から認定されています。「大崎の田んぼはなぜ世界農業遺産に認定されたのか?なぜ大切なのか?そして私たちに何ができるのか?」を考えるきっかけになりました。

次回は大崎耕土のブランド認証米の認定に必要な「生き物調査」について学びます。

食ってみらin美里に参加してきました!

 5月29日に美里町トレーニングセンターで行われた「食ってみらin美里」に参加してきました。学校で育てたタマネギやレタス,マリーゴールドやペチュニアなどの農産物の販売を行いました。お客さんがいっぱい来てくださり,午前中にタマネギとレタスが完売。予想以上に早く野菜がなくなってしまったので,焦ってしまいました。

 会場には,朝の準備の段階でたくさんの人がいて,みんなの力を合わせてこのイベントが成り立っているんだなと実感しました。 以上参加生徒からのレポートでした。

NPO法人 シナイモツゴ郷の会の方に講演をしてもらいました。

 5月23日(月),2・3校時,シナイモツゴ郷の会,理事長 高橋清孝さん,副理事長 根本信一さん(本校OB)が来てくださり,シナイモツゴについて講演をしてくださいました。

 

 シナイモツゴとは,絶滅危惧種に指定されている。体長7〜8㎝の魚で,大正5年に品井沼で発見され,宮城の地名を持つ唯一の魚です。大崎地区にいる貴重な生物について学ぶことができました。

3学年田植え

 5月26日(木),3学年生徒25名と教職員が古川農業試験場で育てられたササニシキの成苗を協力して学校実習田(10アール)に植えました。

 これから,本校の産業技術科の作物班が秋の稲刈りに向けて作物の管理をします。

 

校内意見発表会

 

 5月25日(水)に産業技術科で農業クラブ校内意見発表会を行いました。各学年の代表生徒5名が農業を中心として,自分の体験を通して感じたことや調査したことから自分の考えをまとめ,堂々とした態度で発表しました。7月に開催される県農業クラブ意見発表会には,発表類別に3名が本校を代表して参加します。

ビオトープ はじめました。

 野菜温室の前に,プラスチック製の容器を使ったビオトープを設置しました。

 ビオトープとは,生命を意味する「Bio(ビオ)」と場所を意味する「Top(トープ)」を合わせた造語で,「生き物が自然な状態で生息する空間」を意味します。

 「世界農業遺産 大崎耕土の水辺に暮らす生き物たち」をテーマに作り上げたビオトープ。スイレンやミツガシワなど水草の下を,モツゴやドジョウなどの魚やタニシ,ヌマエビたちが活発に動き回り,生き物たちの暮らしを身近に感じることができます。

 

 ビオトープを立ち上げるにあたり,大崎市田尻の「メダカの郷」高橋孝憲さんにご協力いただきました。ありがとうございました。

 

 

全校緑化活動

5月24日(火)に全校緑化活動を行いました。産業技術科は生け垣の刈り込みと機械を使った草刈りを行いました。

刈り込み前は長さがバラバラだった生け垣も…

 

この通りきれいになりました。

 

普通科はプール前の花壇植栽を行いました。

植栽前は草が生えていましたが…

 

マリーゴールドを並べて…

 

NANGOの文字を作りました。

インターネット安全利用教室

 5月24日(火)5校時,本校体育館に遠田警察署の田野崎さんと村山さんをお招きし,インターネット安全利用教室を開催しました。

 インターネット安全利用教室では,高校生の周りにも,多くの危険が潜んでいることを実感できたと思います。正しい知識を身に付けることで,自分や周囲の人を守ることができることを学ぶことができました。また,何気なく発した心ない言葉で人を傷つけないために,インターネットとの向き合い方を考えることができました。

 貴重なお話をいただき,ありがとうございました。

晴天のもと旭山探検を行ってきました

 

 5月20日(金)『旭山探検学習』を行いました。南郷高校から8km先の石巻市河南にある旭山農業体験実習館「コロボックルハウス」を目指し,全校生徒で歩いてきました。晴天に恵まれ,たくさんの自然を感じることができました。

令和4年度 大崎耕土「世界農業遺産支援」プロジェクト始動!

 

 4月29日(金),今年度1回目の大崎耕土「世界農業遺産」支援プロジェクトを行いました。当日は2つの班に分かれて活動を行い,大崎市鳴子温泉南原地区の「南原穴堰」の水路清掃と同じ地区のグループホーム「ふかふかはうす」の花壇にシバザクラの定植を行いました。

 その様子が5月11日(水)の大崎タイムスにて紹介されましたのでぜひご覧ください。

                  大崎タイムス2022年(令和4年)5月11日(水曜日)付朝刊

 

 

 

生徒総会

4月28日(木)の6校時に生徒総会を行いました。

 

生徒総会では,生徒が中心となって今年度の活動計画や目標を協議し,

今年度の南郷高校の活動がスタートをしました。

 

南郷高(でんとうこう)としての誇りを糧に頑張っていきます!!

令和4年度活動テーマ『歩きだそう! 南郷校(でんとうこう)の 誇りを糧に!』

 大崎耕土世界農業遺産講演会・PTA総会を開催しました

 4月23日(土)に講演会及びPTA総会が行われました。

 講演会では、鬼首菜の生産を行っている高橋一幸さんから、鬼首の歴史や幼少期からの思い出,「鬼首菜」の生産についてお話をいただきました。今後の取り組みでは「鬼首菜」の認知度向上のために様々なレシピの確立やイベントの開催を企画しており,南郷高校生も一緒に取り組んでいきたいと思いました。

 講演会の後は,PTA総会が開催されました。日ごろより本校PTA活動並びに教育振興会へのご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。

大崎耕土講演会

大崎耕土講演会

 

 

園芸科学部 「種イモ植えました」

 4月19日(火),ジャガイモの種イモを植えました。植えた品種はキタアカリと十勝コガネです。

協力しながら大きく育て,沢山収穫できることを楽しみたいです。

 今年もいろいろな野菜を植えていきます。

                             園芸科学部 部長からの報告でした。

4月22日はアースデイ(地球の日)!

 授業で作った「こいのぼりの飾り」です。クラフトワイヤーが巻いてあったプラスチックやプラストロー,画用紙の残り紙を再利用しました。校内にさり気なく飾っているので,地球環境のことを考えながら,探してみてください。「7つのこいのぼりを探せ!」です。全てを見つけた方には,スマートエマージェンシーボトル(防災やアウトドアで大活躍)をプレゼントします。

マナーアップあいさつ運動

 4月15日(金)午前8時10分。生徒会役員の声が,昇降口に響きました。宮城県警察が定めるマナーアップ強化日にあわせて,本校でもマナーアップあいさつ運動を行いました。始業式・入学式から早くも1週間が経ちました。今年度,学校中に元気な挨拶が響き渡るよう,これからも継続していきます。

ようこそ、南郷高校図書館へ!

4月13日2校時,新入生の図書オリエンテーションを実施しました。

前半は図書館の利用方法の説明,後半は図書館内の見学です。

読みたい本を見つけ,さっそく借りていく生徒も。

学校図書館は,生徒の皆さんに最も身近にある図書館です。

たくさん利用してほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和4年度 生徒会入会式・対面式・部活動紹介

 

4月11日(月)の3・4校時に生徒会入会式・対面式・部活動紹介を行いました。

新入生と在校生が初めて顔を合わせる場となりました。

 

入会式・対面式を通して,これからの南郷高校での生活に対して、

期待の想いが強くなったと思います。

 

部活動紹介では,ステージパフォーマンスで盛り上げてくれる部活動もあり,

各部が趣向を凝らした紹介をしていました。

 

これから始まる高校生活。失敗を恐れず,新しいことに挑戦してほしいと願っています。