学校概要

「少人数 新時代につなぐ 南郷高(われら)の挑戦」

本校は、大崎耕土の南端、鳴瀬川下流に位置する南郷の地に、故野田真一翁が「故郷の青年のために」と校地と財産を寄付したことにより、昭和6年に誕生した学校です。広々とした敷地内の庭園は春から秋にかけて様々な樹木と草花で彩られ、全国緑化コンクールにて複数回に渡って特選を受賞し、平成9年度には、緑化推進功労者として内閣総理大臣より表彰を受けています。さらに、令和3年度に創立90周年を迎えた伝統校でもあり、生徒達は「礼譲和協」の校訓のもと、先輩方が築き培ってきた落ち着いた環境の中で、のびのびと学習や部活動、そして地域貢献に打ち込んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通科 「一人ひとりの夢の実現をサポート」

「わかる」を実感できる丁寧な指導」少人数授業の良さを活かした「わかる・自信になる学び」で学習習慣の確立を目指しています。習熟度別授業、チームティーチング、振り返り授業を展開しています。また、「進路を意識した選択科目」幅広い進路を目指し、多様な選択科目を専門の施設設備で実践的に学ぶことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

産業技術科 「地域の未来で活きるスキルを求めて」

「幅広い知識・技能を身に付けるための魅力ある授業」農業を基本として、工業・商業など幅広く学びます。興味を持った分野を深く学び知識・技能を身に付けることができます。座学の授業に加えて実習が多く設定されています。学習した知識を実践に活かすことで応用力を高め、自ら考え、解決する力を育みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南郷高校は「美しいふるさとを創る=農業×交流」 幅広い世代の方に笑顔があふれ、地域への愛着を育むことができるように、持続可能なまちづくりに貢献できるよう勉強しています。学校と地域をつなげることで課題発見力・解決力を養い、交流活動を通して、学び合い・助け合いながら、心豊かな人間性を育みます。日頃の学習の成果が地域の方々から喜んでもらえたという経験は、自ら学び続ける力を育み、夢の実現に向けての大きな勇気となります。学んだことをすぐ活かすチャレンジが新たな学びのスイッチになり、失敗も重ねつつ、数多くの成功体験の積み上げがやり抜く力を育み、精神的な成長を遂げていきます。

「あなたの笑顔は きっと明日の勇気になる!」