新着
 8月3日に鹿島台にあるボーノボーノ大崎東の方々が農産物販売に来てくださいました。普段は野菜を作って,元気くん市場というところで販売を行っているそうです。生産者の方が実際に販売を行うのは今回が初めてとのことでした。 生徒の「販売始まりますよ」の一声で,続々と職員が集まり,おいしそうなトマトやジャガイモを購入していました。       
 8月2日(月)大崎耕土「世界農業遺産」支援プロジェクトとして,農業クラブ役員7名と鬼首に行ってきました。  午前は,6月末に採取した鬼首菜の種まきを行いました。高橋一幸氏のご指導のもと,排水の関係で畝を立てて,点まきとすじまきという2種類の方法で鬼首菜の種を蒔きました。                     午後は,オニコウベスキー場へ移動し,赤とんぼの捕獲作業を行いました。捕獲したとんぼは,とんぼの種類と雄雌を区別し,羽にナンバリングをしました。今後どこまでとんぼが飛んでいくのかを調査するため今後も捕獲し続けます。  暑い中での作業でしたが,みんな汗を流しながら楽しく取り組むことができました。